医療保険加入する際に知っておきたい公的制度

現在、民間の医療保険には様々な商品があります。
最近では補償が限定されるものの掛金が安いものもあり、加入をすることで安心して日常生活を送る事ができます。
一方、商品によるものの加入では相応のコストが生じるために、ここでは十分な検討が必要になります。
医療保険の加入を検討する際に、是非知っておきたいものに公的制度があります。
日本は健康保険制度が充実しており、ここでは、高額医療費制度を活用することで負担を少なくすることが可能です。
治療費は、通常、7割を医療保険が負担をし残りの3割を一部負担金として患者自らが支払います。
ただ、医療費の総額が増えることで負担も増加していくことになり、制度では上限を設けることで負担額が軽減できるようになっています。
高額医療費制度では所得区分によって1月あたりの自己負担限度額を定めており、70歳未満と70歳以上・入院を含むの2つがあります。
例えば70歳未満には3つの所得区分があり、一般の場合では80100円+(医療費-267000円)x1%の自己負担で済みます。
仮に被保険者が非課税等に該当すれば35400円で済み、大きく負担額を減らすことができるようになっています。